転職履歴書の書き方

転職の際には履歴書は必ず必要なものです。履歴書は手書きで書くのが一般的で基本になっています。その時には当たり前のことですが誤字や脱字がないように注意して書かなければいけません。もしもチェックしてみて誤字脱字が1つでもあった場合には、修正テープを使ったり修正液を使って治すのではなくて新しく最初から書きなおさなければいけません。

転職に限らずですが履歴書の修正液は使ってはいけないことになっています。転職の履歴書に貼る写真についてですが、転職希望先の採用者が最初にあなたの顔を目にするのがこの履歴書に貼られている写真です。

第一印象が大切ですから出来るだけいい顔をして悪い印象を与えないようにした方がいいですね。写真を撮る場合にはスーツが一般的です。撮影のときは無表情にならないように注意しましょう。

そして転職の履歴書の提出年月日についてですが履歴書を記入する日付と郵送する日付を同じにすることが一般的です。
今日書いた履歴書を三日後に送るのであれば三日後の日付を転職の履歴書に記入することになります。そして学歴のところですが学歴は、義務教育の場合には卒業して年次だけ書きます。小学校中学校は卒業した年次だけでいいのです。

そして転職の履歴書には、職歴もきちんと書かなければいけません。今までの職歴は入社と退社の両方を書いて、退社した理由については、都合により退社と書きます。
ここで退社した理由を真剣に書く必要は全くありません。そして転職の履歴書の資格の場合は、仕事に直接関係ない資格でも持っていれば書いておいた方が有利です。

もしも全く何も資格を持っていなくて書くことがないと思ったときには、資格をこれからと売ろうと思っているものに対して勉強中と書いてもいいのでとにかく何かは書くようにしましょう。趣味や特技もあけておかないで書くようにしましょう。

そして連絡先ですが、携帯電話を書いておくのがいいですが、転職となると現在在職している仕事に差し支えないように、都合のいい時間帯も添えておくといいかもしれません。

そして郵送の宛名についてですが転職の履歴書を送る場合には、株式会社などを㈱と略すことがありますが略してはいけません。
そして株式会社が名前の後につくのか先につくのかも確認しましょう。履歴書在中という言葉もきちんと左上に赤いペンで書くようにしておきましょう。

履歴書の作成は転職活動の最初の大切な第一歩ですので、とにかく丁寧に書きましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする