転職求人広告の読み方

こちらでは「転職求人広告の読み方」についてご紹介します。

転職をする場合には求人広告の募集要項の欄をきちんと読みとれなければいけないと思いますのでここで紹介したいと思います。

転職求人情報の求人広告の欄でまずチェックしなければいけない点としては雇用形態です。雇用形態は最近では転職の際に正社員以外にも契約社員などもあるので注意しましょう。

転職で正社員を希望している人は雇用期間や給与、社会保険などの面は心配がありませんが契約社員でもいいと思っている人は期限が付いているのか、給与の面などもチェックする必要があります。

そして転職の際にチェックする求人広告の募集要項としては給与もありますね。給与は額面金額と呼ばれる基本給、諸手当などが全部含んだ額が掲載されていると思います。
ですから結局の広告に掲載されている額よりも、税金や社会保険などが引かれた金額が手取りになりますから広告に掲載されている金額よりは少なくなると思っておいた方がいいかもしれません。

転職する場合には今働いている職場よりもできるだけ給与が多いところを選びたいと思いますが、なかなか難しいことが多いようですね。
それから転職の求人広告でチェックする欄としては社会保険の欄もチェックしておかなくてはいけませんね。

社会保険には実は4種類が含まれていると思います。転職先の会社は社会保険が完備されていますか?社会保険は厚生年金保険、健康保険、雇用保険、労災保険のすべてが完備されているものが多いようです。
小さな会社の場合には場合によっては社会保険が完備されていないこともありますから転職の応募要項に記載されていなければ確認した方がいいかもしれません。

そして転職の求人応募要項で確認すべき点としては休日の読み方も大切ですね。
完全週休二日制になっているところは、1週間に必ず2日休みがあるということですが、週休二日制という記載の場合には1か月のうちに一週は2日休める日があるということになりますから同じような言葉でも意味合いが違っているので転職をする際には要チェックです。

それからフレックスタイムというものが転職先にある場合があります。このフレックスタイムというのは何かというと、勤務時間を自分の都合に合わせて選んでもいいシステムのことをいいます。
一般的には通勤ラッシュに巻き込まれないことを目的として作られたシステムですが転職先によってはフレックスタイム制を導入しているところもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする