転職の面接の質問

転職活動の際の「面接の質問」というのもの最初に就職をした時の質問に比べると
結構シビアで具体的な内容まで聞かれたりして、おおにして返す言葉に困ることがあるよう
です。

それでは転職の面接で企業側としてが一番聞きたいことというのは何でしょうか。

やはり、今までに勤めてきた勤め先を辞めたい理由は何?という点は企業側で特に聞きたいところなんだそうです。転職するからには何か理由があって転職をしているのでしょうから
企業としてはその本当の理由を聞きたいのは当然でしょう。
今までに転職を繰り返している人などは、特に「なぜ転職すること」になったのかという事情は企業側から一番聞かれる質問でそうです。

そして二つ目に転職の面接でよく聞かれることとしては、応募の理由です。
なぜこの会社を選んだのか、という応募理由はよく聞かれるのではないでしょうか。
他にも転職の面接での質問としては前の会社ではどんな仕事をしていたのかということや転職した場合には

  • いつから入社できるか
  • どんな経験を積んできたのか
  • 転職したらどんな仕事がしたいのか
  • ほかにも転職を希望している会社があるのか

ということをよく聞かれるといわれています。
転職の質問では、必ず以前やめた理由については聞かれるはずですので事前に回答を
しっかり準備しておかなくてはいけません。
それから転職の質問で何か質問がありますか?と聞かれることがあります。この場合は
「特にない」という回答をする方も多いでですが実はこれはベストな答えではないのです。
これから転職しようと考えている会社に対して質問がないということはありませんよね。何か興味を持って理解しようとしていたら聞きたいことは出てくるのではないでしょうか。ですから仕事についてでも、会社についてでもいいので何かその会社についての質問したいことを考えておいた方がきちんと会社に興味を持っているということが伝わるのではないでしょうか。

転職の面接は新卒での就職の面接とは違って、やはり「今の勤務先を退職して来る」わけですからシビアな質問も多いとのですが、すべて正直に言うのではなくていいように考えて前向きな姿勢をもって答えを考えた方が良いでしょう。
転職先の会社が何を聞きたがっているのか、それは中途採用しても十分に期待できる人材であるのどうかを知りたいのですので、すぐに入社して即戦力として貢献できる人材であることをアピールして、あまり過去にはこだわらずに前むきにこれからの仕事について質問に答えるようにした方がいいでしょう。

転職の面接では、なかなか新卒採用の就職面接のようにスムーズに答えられるような質問は少ないといわれていますから、事前準備や練習をしておくことも必要なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする