転職の流れ

ここでは「転職の流れ」についてお伝えします。

転職活動を行うのには、まずは何から始めれば良いのでしょうか。
転職活動を始めるにあたってまずは必要な事は

そもそも本当に転職するのか
どうすればいいのか

を考えて転職の決意をしますね。そして転職する理由や目的、そして自分自身について振り
返るということは大切なことです。
転職先に希望する条件がどんなものなのかを前もって抽出して整理しておくことが大切なことです。そうして具体的に転職をするというご自身の意思が固まったら求人情報を探し始めましょう。転職サイトなども今はたくさんありますからそれらを利用して転職に役立つ情報収集を始めていきましょう。

どんな業界の会社にするのか、会社などの情報収集も行います。
そして転職の求人を絞っていきます。そして実際に転職活動として履歴書を書いて自己PRも
作って応募をするわけですが、採用が決まるまではこの応募と面接を何度も繰り返すことになります。そうしたことを繰り返して、実際に具体的な転職先が決まれば、今仕事をしている場所に退職届を出しましょう。そして

業務引き継ぎをしたり
保険や年金に関する手続き

も行います。

今の会社の残務や引き継ぎをしながら転職の諸準備もしなければいけない、という思っている以上に忙しい時間を過ごすことになるかもしれませんので心構えをしてしっかり抜かりなく行いましょう。

実は転職を検討し始めてから実際に転職に至るまでの道のりは実は意外と長い期間になる場合が多いものものです。

今働いている職場の退職の段取りもありますし転職先も探さなければいけませんし、円滑に進めようとしても意外と面倒で大変な事が数多くあります。

退職届を出してから今の仕事場をやめるのには1か月は最低でもかかりますからそのことを頭に入れておくと転職には2-3か月は時間がかかることもあると思います。
しかも、あなたが今働いている職場で重要な仕事やプロジェクトをしている方である場合には、もっと時間がかかって転職活動をする時間もなかなかとれないかもしれません。キャリアアップのために転職を考えている人は時間にそれほど制限がないのでしたらあまり時間は気にしないで長い目で見て1年や1年半くらいの期間で転職ができればという考え方でいる方がいいかもしれません。

立つ鳥跡を濁さずという言葉がありますが、そのとおりで退職すると決まっている会社であってもしっかりと残務はこなして引き継ぎも漏れなく行って、他の人に迷惑がかからないようにしっかりと準備することも「転職の流れ」の一つではないでしょうか。
転職を考えている人は、ぜひ退職についての流れもしっかり全体を把握して円滑かつスムーズに、漏れてしまうことがない円満退職できるように心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする