転職活動における「未経験」

転職をしていくと目にするものに「未経験者歓迎」という募集があると思います。
新しい仕事に就きたいと思っていて、しかもこれまでの経験してきた仕事とは異なる
分野の仕事を転職先に選びたいという方も少なからずいらっしゃるではないでしょうか。

とは言っても「未経験者なら誰でも転職できる」というわけでは当然ありませんから
未経験者でもしっかりと自分をアピールしなければ転職することができません。
例えば転職先会社・企業は未経験者を採用する際には、何をポイントとして応募者を吟味
しているのでしょうか。それは意欲です。
未経験でも意欲があれば新しい職種でも転職してからでもやっていけるのではないでしょうか。あとは人柄もチェックしていると思います。

未経験の仕事につく場合には、人柄がよければ転職先でもうまくやっていけるからですね。
他にも、ポテンシャルや職務に対する適性・専門知識等についてもチェックをして転職できるかどうか見極めているのです。
未経験者の転職を募集する企業が転職希望者に期待することは意欲と人柄が一番多いと言われていますがこの場合の人柄というのはコミュニケーション能力といってもいいようです。未経験者を採用しようと思っている企業というのは「すぐに働ける即戦力のある人」ですから、それに必要な能力には当然「コミュニケーション能力」も含まれています。

企業にしてみれば、転職して入社してからすぐにでも即戦力になってくれる人というのは
とてもありがたい存在ですね。
いろいろなことをすぐに教えてもらって学んで身につけて仕事をするという面でコミュニケーション能力はとても大切なことです。それでは、転職をする際の意欲をどうやったら見せられるのでしょうか。

口でいくら立派な事を並べていても分かってもらえませんから、もしも転職する新しい業界に興味があるのでしたら

  • 未経験ではありますが
  • 将来その業界でどんな風に仕事をしていきたいのか
  • 何をどうしていきたいのか

など未来についても語ってみると説得力が出て相手先の採用担当者にも伝わりやすいのではないでしょうか。転職で未経験者が自分をアピールする時には、意欲を見せてこれからの進行形のことについて話す。そして熱意を持ってわかりやすいように伝えれば
コミュニケーション能力についてもチェックしてもらえますから転職先の企業にもよくわかってもらえるようになるのではないでしょうか。
なかなか転職で未経験のジャンルというのは難しいですが挑戦したいと思っている意欲をしっかりと採用担当者に伝えることがとても大事なことなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする