計画だてた転職活動を

「計画だった転職活動」について紹介します。
転職をする場合にはもろもろの状況について計画を立てるということは大切なことです。
それでは、転職するの時にはどのように計画を立てればいいのでしょうか。

まず転職活動をする場合には、現在お勤めしている会社・勤務先の就業規則をしっかり見て
みましょう。就業規則には通常退職にかかわる規則や諸々が記載されているはずなので
転職活動の計画を立てる場合にとても役に立つのです。

例えば「退職願を出してから退職に至る日数」を調べることは転職をする際にはとても重要です。転職の際には今いる会社の退職の期間との関係も生じますのでから意外と大変なのです。法律の決まりでは就業規則に関係なく退職の意思を伝えてから2週間後にやめることができると定められていますが、転職をスムーズに進めて円満退職をするためには、できればもっと前から引継等をしっかり行って円満に退職できた方がいいのではないでしょうか。

次に努める先がおおよそ決まってきて退職を決めたら、上司には極力早く相談する方がいいでしょう。転職活動をするにあたっても直属の上司に話をしておいた方がスムーズに動けると思います。退職の日程は会社の就業規則を見て決めて、あなたの業務を引き継いで上司や周囲の方も納得いくような日を選ぶのが良いでしょう。

あとは転職の実践ですが、在職しているときに転職活動をするというのはなかなか難しい
ものですよね。
失業中の転職ならまだしも在職中の転職活動というのは難しいものです。
転職の情報収集をするときには、本職の差し支えないような朝や夜にしなければいけないことが多いと思います。面接等の活動も転職先に相談して日曜や土曜日、夕方などに行ってもらえるか考慮する必要があります。

もしも面接を受けることができる日程が合わなかったとしても、在職している会社に迷惑をかけるような営業の途中に面接を受けに行くといったことは転職活動のマナー違反ですからその場合は現在勤務中の会社は休みをもらって転職活動をするようにしましょう。

をとっている中で転職活動をするというのも良いでしょう。
転職活動にかかるお金は意外とたくさんかかりますから計画を持って転職する方が良いです。例えば離職している間はその間の生活費が必要ですし、面接にも交通費がかかりますし、転職先で転居しなければいけない場合には引っ越しの費用もかかります。面接の時に交通費が意外とかかるということも言われていますので転職の計画や必要なお金の面でもしっかり計画だてた転職活動を行うことが大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする