転職の目的

「転職の目的」についてです。

転職を考えている人は転職の目的をきちんと立ててから転職した方が転職に成功するのでは
ないでしょうか。

「何かやりたいことがあるから転職したいと思っている」
「今の職場に不満があるから転職したいと思っている」

などいろいろ人それぞれ転職する目的は違ってのでしょう。でも転職する目的をしっかりとしていなければ、どんな良い転職先があったとしても時間が
たって自分が転職した意味がわからなくなってしまうこともあるかもしれません。

転職する目的は様々でしょう。「リストラされたから転職する」という人も多いと思います。転職先はリストラなんて起こらないような景気のいい会社で給料も良くなって生活の安定するでしょう。でも仕事はハードだし仕事の量も多くなったとします。これでこの人は「転職して幸せになった」と思えるのでしょうか。
転職をする場合にはリストラは転職するきっかけであって、目的にはならないのではないでしょう。リストラされたから転職しなくてはいけなくなった、そして転職の目的をここで今一度考えなければいけないのです。

もし「以前働いていた職場に不満があって」や「嫌な事などがあったので転職をした」という人の場合でも、それはただの転職のきっかけにしか過ぎないでしょう。

そんな場合は転職のきっかけになっただけだなのだと自分で認識する必要があるでしょうす。
転職のきっかけはともかく、これから転職をする目的をゼロから考え直した方が良いでしょう。そうでなければまた同じ事を繰り返してしまうかもしれませんし、せっかく心機一転で転職をしたのに、ストレスがたまるような職場でやりたくもないような仕事をやらなければいけない状況になってしまうのではないでしょうか。

転職をする場合は、まずは「転職をする目的」をしっかりと再検証しましょう。
転職の目的がすぐに思い浮かばないなら思いつくまで色々と転職先の情報収集をすればいいのです。転職の目的がしっかりしている人と、しっかりしていない人では転職が成功するかしないかの差は歴然だと言われます。
何らかの事情があって転職をする人が多い世の中ですが「何のために転職をするのか」
その目的は明確にしましょう。

  • スキルアップのための転職ですか?
  • やりたいことを実現させるための転職ですか?
  • 夢をかなえるための転職ですか?

転職の目的は人それぞれなのでしょうが、しっかりと、なぜ転職するのかまずご自身で考えてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする