あなたの市場価値を知った上で転職活動を始めましょう

あなたの職業人としての「市場価値」について正しく知ることはとても重要なことです。
これを知ることによって得られる点は大きく、逆に知らずにいることで損してしまうこともとても多いのです。

「転職市場価値」を知らないために起こる問題

低く見積もりすぎて本来えられるはずだった収入が得られない

もしご自身の市場価値を低く見積もり過ぎてしまったら何が起こるのでしょうか。
転職したとしても待遇が良くならないだろう、とはなから決めつけて転職することをあきらめて、本来得られるはずの給料よりも低い給料のまま働き続けることになってしまうでしょう。
転職する場合も、本来ならばもっと良い条件で転職することが可能であったのに低い収入の職種・企業に妥協して決めてしまうがあります。

転職は1社受ければ受かるなんていうものではありません。
例えば「市場価値が400万円」の方が転職活動をしたとしても、実際は
10社受けて、ようやくその市場価値通りの会社に転職が決まる」というくらいがおおよそ
の相場です。これは企業と求職者のマッチングやタイミングなどの様々な要素が関係してくるのでので仕方ありません。

しかしながら市場価値を正しく把握できていないと、数社受けただけで「やはり自分には無理だな」と決めてつけてしまって、条件をすぐ下げてしまうなんてことにつながりかねません。

高く見積もりすぎて転職先が決まらない

「どうせ転職するのなら年収◯◯円は欲しい」「〇〇の役職に就きたい」など
あなたの実力以上の目標を持って、転職活動を行うと失敗に繋がります。

特に現職において実力以上に評価されていたり、高い給与をもらっている場合に
つまづきやすいポイントです。また「大企業にいたから大丈夫」など、現在勤める企業の
ステイタスでご自身を自己評価してしまうことも避けましょう。

どんなに実力に自信があっても、ご自身を客観的に評価して行動することが転職活動では必要なのです。

価値を高めることができないまま年数を無駄に重ねてしまう

市場価値を知ることは、今後にも良い影響が及びます。

どういった部分が市場価値に影響するかを理解することができるので、今後さらに自分の市場価値を上げていく方向に持っていきやすくなるのです。

今は低い市場価値も、5年後、10年度には高めていってキャリアアップしていくことだって可能でしょう。

逆に勘違いしていると
市場価値を上げることができないまま年数を重ねるだけ、となってしまいます。
定年まで勤める企業が存続してくれていれば良いのですが
勤める企業が倒産・企業再編に見舞われたり、あなたがリストラにあった、等ということが
起きた場合、大変なことになるのはおわかりですね。

転職市場価値はこうして決まる

それでは転職における市場価値とはどのようにして決まるのでしょうか。

市場価値には性格やスキルなどの定量的に測ることができない指標が含まれていますので
簡単には正確に算出することができません。

客観的指標

しかしながら定量的にその人の市場価値を測ることができる指標もあります。
その材料は「履歴書・職務経歴書」に散りばめられています。

これらの書類に記載される内容はほとんど全てが主観的な情報が入り込まない客観的事実で
あり、その人の能力や経験を定量的に測ることができる指標でもあります。

例えば「TOEICの点数」「持っている資格」等はわかりやすい定量的な指標です。

逆に「営業成績が全社中で3位」「売上が前年同期比150%」「新システム導入で業務効率が大幅に改善」等は採用面接でよく聞かれそうな内容ですが
実はこれでは「その方がどれくらいの能力を持っているのか」は客観的にはわかりません。
社内状況・市場環境等の「同じ土俵」で客観的にあらわされているわけではないので。

実績・経験

全くの未経験である新卒の就職市場と異なり、経験が求められる転職市場では
当然「これまでどういった経験をし、どういった実績を出してきたか」という点が市場価値に大きく影響してきます。

特に重要視されるのは「実績」です。経験が5年ありますと言いながら
人に自慢できるような実績がなければその方の市場価値は残念なものになってしまいます。

また実績や経験は他社でも求められるような汎用的なものであることが重要です。
例えば、その企業独自のシステムを極めたとしても、いったんその企業から離れれば
何の役に立たない、という場合も多々ありますから。

職歴

これまでの職歴、という点も市場価値には大きな影響があります。

職歴に関していうと、一つの会社で同じ仕事を続けてきた人は専門性も高いと判断されて市場価値は高くなる傾向に、逆にころころと仕事を変えている場合は市場価値は低くなる傾向にあります。

仕事内容を変えてきた場合でも、どういった変え方をしているかということが重要です。同職種で一貫性があるようなら市場価値はあまり低くなりませんが
違う仕事、違う業界を転々としているような場合は低くなってしまわざるをえません。

学歴

あと、学歴も実は定量的な市場価値になりえます。

例えば一流大出身の応募者と、そうではない大学の出身者が1人づついたとしたら
どちらの人のほうが能力が高そうでしょうか?仮にFラン大学出身の人のほうが仕事でパフォーマンスをあげられる才能を秘めているにしても、表面上の市場価値では一流大卒ということのほうが価値があります。
なぜなら一流大卒の人のほうが統計的に仕事ができる人が多いからです。

これは考えれば当然です。その方が努力をしたかあるいは天賦の能力があって一流大に入ったのですから。それ事実だけで努力か能力のどちらかのスキルが一流大卒の人には備わっていると見られるのです。

年齢

転職の場では年齢というのも一つの市場価値を測る指標になりえます。
若い方の方が「仕事への吸収力も高くて、伸びしろもある」とみなされます

中高年の方に新しい仕事を覚えてもらおうと思っても難しいのでは?と思われていますのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする