前職を退職する

実際に転職をするということは、つまり前職を退職しなければいけないということになります。

転職の際に転職活動以外に大変な点としては「前職の退職」という点があるでしょう。
今の会社を退職するにあたってはいろいろと苦労があると思います。
退職届一枚ですぐに退職ということにはつながらないと思いますしそれでは社会人として今までお世話になった会社へ対して失礼に当たりますしマナー違反でもあるでしょう。

きちんと前の会社でも円満退職をしてから転職をすることがポイントになります。
転職先が決まって退職をする場合の退職届を出すことについてですが、自分の仕事のキリがいいところで、同僚の方々に迷惑がかからないようなタイミングや時期をしっかり見計らって退職希望を伝えましょう。

大きなプロジェクトなどを抱えているときなどにやめることは許されませんからそれが落ち着くころを見計らって退職希望日を考えた方がいいでしょう。とにかくまだ働いているみんなのことを考えて退職しましょう。

退職希望日が決まれば上司に転職の相談をします。
退職届を突然出されるとかんじがわるいですからまずは直属の上司に相談をすることから始めましょう。
そして仕事の引き継ぎや都合なども相談をして最終的に退職する日を決めます。そして退職する日が決まってから退職届を提出します。最低でも転職する1か月前には退職届を出す必要があります。

勤める会社の就業規則によってはそれ以上それ以下の場合もありますから確認しておきましょう。
もしも退職の理由を聞かれた場合には、きちんと信頼関係のできている上司との間であれば転職することを正直に話してもいいと思いますが、信頼関係がしっかりと構築できていない関係の場合には、正直に転職のことは話さずに包んで話をする方がいいかもしれません。

大事なのは、間違っても会社の悪口や不満・上司や同僚への不満等をあげて退職することがないように注意しなければいけません。もしそのような事になれば円満退職にならない
場合もあるでしょう。
ですので家庭の事情ややりたいことがあるからといった自分の事情で転職するということをいうのが一番円満に退職できるでしょう。
そして転職先が既に決まっているということを上司に話せば、きっと納得して退職を反対したりトラブルにはなりにくいのではないかと思いますね。

円満退職を心がけてみんなが気持よく仕事ができるようにするために転職までに色々と段取りをしておく必要があるのではないでしょうか。なかなか転職の退職というのは難しいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする