転職と給与交渉

転職と給与交渉について紹介したいと思います。

転職をする場合には以前働いていて会社よりも、給与が上であることを期待している人も多いのではないでしょうか。少しでも給与を上げてもらうためにも、転職の際には給与交渉がポイントになってきますがこれがなかなか難しかったりしますよね。
例えばどのようにして給与交渉を転職の際に切り出すのかというと、給与交渉にはタイミングが大切です。

とてもデリケートな質問ですからはじめから切り出すといやらしいですよね。ですから印象をよくするためにも、転職先の企業から聞かれてから話を切り出しましょう。
もし会社側から話を持ちかけられなかった場合には、最後の面接の段階で切り出していくようにしましょう。

とは言っても、まずは給与交渉よりも自分のアピールの方が優先なのでアピールしてから切り出すようにしましょう。
転職後の給与額の待遇は企業によって独自の基準で決められるのですが、前に働いていた職場の給与や、今働いている社員の給与との兼ね合い、入社してからのポストなどによって決められることが多いようです。

ほとんどの場合、給与がアップするケースというのは転職前と同じ業種に転職したことが前提だと言われています。
考えてみれば当然なのですが未経験の業種に転職したのに、給与が以前よりも上がるということはあまりないということです。その会社自体の給料がもともと高ければ話は別ですが一般的に未経験で転職後に給与が上がるというのは考えられません。

続いて転職の際の給与交渉の要点です。
まず自分にとってこれだけは譲れないだろうという点があるのなら伝えましょう。
そして、面接を受けたときに同じ年代の社員がどれくらいの給与をもらっているのかなども確認しておくといいかもしれません。

そして転職前よりも高い給料を希望する場合には、なぜなのか、理由をいいましょう。
例えば結婚や出産など、あるいは経験がある業務であるなどを理由にするといいでしょう。
また、転職先の給与が出来高制のときには、計算方法なども確認しておいた方がいいですし、今の社員の平均的な月給がどれくらいであるのかということもチェックしておいた方がいいかもしれません。

転職と給与交渉はデリケートな関係にありますから、しっかり聞きたいでしょうしその気持ちも当然わかるのですが、最初から切り出すのではなくてじわじわと切り出すようにした方がいいでしょう。
あまりにも最初から切り出していると転職先の企業に悪い印象を与えてしまうからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする