転職面接の際の第一印象

転職の面接の第一印象について紹介したいと思います。

転職活動で一番の山場といえばやはり面接ではないでしょうか。面接が成功するかしないかによって転職できるかできないかは決まるといっても過言ではありません。
面接で第一印象を良くして好印象を与えることはとても大切なことです。

大体、転職面接の採用担当の人は面接が始ってからの3分くらいで人物やその人のやる気などを即座に判断できるといわれています。

転職の場合に関わらず、人の第一印象に影響することがらというのは、表情や視線、話し方や話を聞く聞き方、話しの内容や姿勢などで決まるといわれていますので注意しなければいけません。

まず転職の面接の第一印象で一番目につくのは身だしなみです。
とにかく服装や髪型はきちんと整えておきましょう。
髪型がボサボサで服装もだらしなくては転職にかかわらず社会人としてもマナー違反になってしまいます。だからといって高級なスーツを着て一回一回美容院でセットしてもらう必要はありません。手入れの行きとどいたスーツと髪型もすっきりしていればそれで問題はありません。
あと転職活動中には靴の手入れにも注意しておいた方がいいですね。意外に靴をチェックしている人は多いですし、靴の汚れは人から目立つものです。清潔感のある身だしなみをして転職活動をするのがポイントです。

そして転職活動で大切なことで第一印象として「第一声」もあります。
まず第一声を聞けばだいたいその人がどんな人でどんな性格でお行儀がいいのかなどもわかるのではないでしょうか。
そして部屋への入り方や姿勢、歩き方などでその人を判断できてしまいますからしっかりと普段から気をつけておくことが転職活動中には特に大切なことではないでしょうか。

そして転職の面接での声ですが小さすぎると聞き取りにくくて不快に思いますし、はっきりしない、曖昧な話方もあまりよくありません。できるだけ堂々として自信を持ってはっきりと話すことを心がけておいた方がいいでしょう。

語尾は「ですます」調ではっきり語尾まで聞こえるように答えましょう。転職先の企業は話が上手な人を採用したいというわけではありません。
話し方が上手になる必要はなくて、いかに短時間で内容の濃いことを相手に伝えることができるのかということに重点を置いて転職の面接の話し方を少し考えてみるといいと思います。あまりにも話がうますぎると逆に説得力に欠けることもありますから注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする