職務経歴書の書き方

「職務経歴書の書き方」という点をご紹介します。

転職の際に使われる職務経歴書。これは何を具体的には書けばいいのかというと、入社と退社した時期や会社名だけではなくて具体的にはどんな仕事の内容をしていたのかも書く必要があります。

また今までどんな業界で働いていてどんな会社に勤めていたのか、部署なども詳しく書くようにするのがポイントです。
転職先の企業としては今までにあなたがどんなところでどんな経験をしてきたのかを知りたいわけですから転職の職務経歴書を見ればすぐにわかるように詳細を書く必要があります。

もしも自分が携わっていた仕事で実績が認められて年度の目標達成やノルマ1位になったなどの自実績があるという人は記入しておくと転職に有利です。

また個人ではなくてチームなどでも実績があってメンバーの一員として働いていたのであれば、その書くとアピールになるのではないでしょうか。
それからあなたが今まで仕事ではどんなことに気をつけていたのか、心がけていたのか、どんな仕事をモットーにしてやってきたかなども記入しておくと転職に有利ですし転職先の企業の人にも熱意や実績が伝わるのではないでしょうか。

転職の職務経歴書ですが特に決まった用紙などはありません。場合によっては転職先の企業が用意をしていることもありますがだいたいA4の用紙1枚でまとまるくらいのボリュームで書くのが一般的です。

いろいろと自分の過去の仕事についてアピールしたいと思っていることがあったとしても長々と書くと一つ一つチェックしている採用者のことを考えれば大変だと思いますから出来るだけ完結にまとめることを心がけましょう。

もしもそれでも転職の職務経歴書が長くなってしまいそうな時には、期間が長い仕事や転職を考えている業種に近い、似ているものや実績として価値のあるようなものを重視して書くようにすればまとまるのではないでしょうか。

職務経歴書はどのように書けばいいのかというと、まず入社した年月日を書いて、そして会社の名前、資本金や燃焼、従業員の数や業務内容を書いてどこに配属されてどんな仕事をしてそしてどんな実績を上げたのかということを記載すれば良いでしょう。

いくつも職務経歴があって書ききれなくなった場合には、先ほど紹介したように、転職先にかかわっているような業種のものや勤務歴が長かった点を重点的に書くするようにすればまとまりがあってわかりやすくていいのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする